タミフルの徹底調査隊

インフルエンザ治療でタミフル服用と3日目の重要性

インフルエンザのウイルスに効果の高いタミフルを服用する際には、この医薬品の特性を学んでおく事が大事です。タミフルはインフルエンザの発病から二日程度で服用する事で、より大きな効果を発揮する事が可能とされています。インフルエンザの発病で、3日目後などのタイミングでタミフルを服用した場合は、体内でのウイルスの増殖を抑えることが遅れてしまうために、早期の服用が求められるのです。
また、タミフルは、多くの臨床実験から感染症を予防する効果があることも確認されており、発症する3日目よりも前に服用するだけではなく、感染が拡大しているタイミングで服用しておく事で、効果的な感染予防対策となります。
タミフルは一旦症状が緩和され、熱が低くなったときでも、一週間は服用し続ける事が不可欠で、ウイルスの体内での増殖を効果的に抑えるためには、この医薬品の継続した服用が必要となっています。
このインフルエンザという感染症は、極度に体力が低下しているときや、持病のある方、小さなお子さま、高齢者の方などで重症化してしまう可能性の高いものです。そのため、そのほかの疾患との合併症で重篤化してしまうことを防ぐためにも、肺炎や気管支炎などの疾患の検査を受けることが重要とされます。また、この感染症は脳に菌が侵入する固有の症状を起こす事があるために、免疫力の低下した高齢者の方などは、速やかに医療機関を受診する事が必要です。
インフルエンザの特徴としては、熱や咳などの症状だけではなく、呼吸が苦しくなるなどの呼吸器系の症状もあり、胸部のレントゲン検査や血液検査を用いて、健康状態を随時把握する事が必要とされています。
更に、インフルエンザの症状は、3日目には改善する傾向も見られますが、体内では依然細菌が活動を続けている状態であるために、一定期間はタミフルの服用を続ける事が不可欠なのです。