タミフルの徹底調査隊

タミフルを処方されたら加湿空気清浄機も使う

インフルエンザが流行する時期になると、マスクをした人が目立つようになります。
これは単にインフルエンザのウイルスが口の中に入らないようにしているだけではありません。
マスクをしていると、お口の中が乾きにくくなり、ウイルスが生きにくい環境を作ることができるのです。
というのも、インフルエンザを始めとしたウイルスは、乾燥した環境が大好きなのです。
逆に湿度が高いと不活性化されてしまいます。
そういったことから、大気が乾燥する冬場にインフルエンザは流行するのです。
ですから、インフルエンザを予防するために、冬場に加湿空気清浄機を部屋に設置する人も少なくありません。
冬場はただでさえ外が乾燥しているにも関わらず、エアコンも使用するため、室内もとても乾燥してしまいます。
そこで加湿空気清浄機を使用して、室内の湿度を正常に保とうとするのです。
加湿空気清浄機は家電量販店やインターネット上のサイトでも購入することができます。
もちろん、こうした機械を使うのは、インフルエンザに感染した後も大切です。
例えば、病院で診療を受けてインフルエンザと診断され、タミフルを処方されたとします。
そうなったら、周りの人に感染が広がらないように自宅で治療に専念する必要が出てきます。
その際、処方されたタミフルを服用しつつ、室内の湿度にも十分気を使いましょう。
実際、処方されたタミフルなどの治療薬だけでも、かなりの効果が現れます。
ただやはり、室内の湿度などにも気を使い、食べるものなどもきちんと考えることでさらに症状は良くなっていくことでしょう。
インフルエンザはとても重たい病気ですので、感染してしまったら、あらゆる方法を使って治療を行いましょう。