タミフルの徹底調査隊

タミフル服用と感染経路を把握したインフルエンザ予防

インフルエンザの感染経路は、飛沫感染や接触感染であるケースが多く見られるので、これらの感染経路からのウイルスの侵入を防ぐ事が必要とされます。とりわけ、多くの方が空間を共有する場所では、インフルエンザの予防を徹底して行う必要があり、その中でも会社や学校では積極的な予防対策が求められます。会社や学校などの多くの方が長い時間滞在する場所では、ウイルスに感染している方がくしゃみや咳をする事で、空気中にインフルエンザの菌が蔓延してしまいます。また、インフルエンザの場合は、ウイルスへの感染でも潜伏期間があることから、本人がインフルエンザにかかっていることを自覚できない場合も多いのが実情です。そのため、自覚症状のない方が、マスクを着用せずにくしゃみや咳などをすることによって、急速にインフルエンザの感染が広まってしまいます。
タミフルはインフルエンザの予防効果も期待できるために、インフルエンザが流行しているシーズンでは、早めに服用しておく事も効果的な予防法です。特に、会社通勤で、毎日電車を利用する方の場合は、電車という密室の中で感染してしまうケースも多くなるために、飛沫感染などの感染経路を把握した上での予防が不可欠です。マスクの着用やうがいは、喉の粘膜からのウイルスの侵入に効果を発揮しますが、予めワクチンを接種したり、タミフルを服用しておく事で、より大きな予防効果が期待できます。
会社勤務の方の場合は、仕事の関係上、インフルエンザにかかっても中々会社を休む事が出来ないケースもあり、これが感染拡大の理由となってしまう事もあるのが現状です。その為に、それぞれがタミフルなどを服用して、インフルエンザの予防を徹底して行うことが必要とされるのです。