タミフルの徹底調査隊

新型インフルエンザ治療にも使用されるタミフルの価格

インフルエンザや新型インフルエンザは、空気が乾燥している時にはより感染しやすいものです。そのため加湿器などの設置はとても大切ですが、感染してしまった場合には早めの治療を受け、できるだけ短期間で治せるに越したことはありません。タミフルは大衆薬ではなく、病院での診察と処方せんの必要な医薬品です。医師による指導を受け、正しい服用があってはじめて安心して飲むことができます。最近は新型インフルエンザについて取りざたされることがありますが、A型B型ともに効果もあり妊娠中でも使えることなどから、治療薬の柱として使用されています。
インフルエンザウイルスというのは、人間の体のなかへ侵入し、細胞の内部まで入り込むことで感染します。そして自らと同じ型のウイルスをコピーし、増殖していくわけです。そしてそのウイルスがほかの細胞へ移動しながら、感染を拡げていきます。タミフルは抗インフルエンザ薬として平成13年に登場して以来、国内で最も知名度のみならず使用度もトップのシェアです。新型インフルエンザの耐性については危惧される声もありますが、タミフルの有効性が揺らぐものではありません。高い治療成績もあり、医療現場ではなくてはならない医薬品です。
さて気になるのはその価格ですが、タミフルについてはいろいろ保険適用に関する条件が定められています。予防としての場合と、治療に際しての場合とでは、必然的に価格が変動します。そして保険適応外であった場合には、各医療機関ごと自由に価格を設定してもよいということになっているため、直接問い合わせてみるのが確実です。タミフルの働きは、細胞内で増殖したウイルスが、細胞外へ出て拡がろうとするのを阻害します。インフルエンザウイルスは発症してから48~72時間で最多になることから、48時間以内の処方を受け、服用することが理想です。このことにより症状が軽減され、治癒を断然早めます。