タミフルの徹底調査隊

脳症予防には検査タイミングとタミフルの治療が大事

インフルエンザは毎年日本で大流行する流行感冒症です。高熱が出たり、咳やくしゃみ、下痢や嘔吐など激しい症状が特徴的です。しかし安静にしていれば良くなる、寝れば治るといった短絡的な考えは非常に危険です。子供や高齢者がインフルエンザに感染し症状が悪化して重篤化すると、肺炎や脳症などを併発する可能性が極めて高いと言えます。子供が脳症になってしまうと、脳に後遺症が残る可能性もあり、インフルエンザを甘く見ることはできません。冬場に風邪をひいたのか、インフルエンザに感染しているのか分からず疑わしい場合は、すぐに医療機関を訪ねて検査を受けることが大事です。検査のタイミングがインフルエンザでは非常に重要と言われています。検査タイミングを潜伏期間の間に行い、すぐに適切なケアや治療を行えば高熱や下痢、嘔吐など激しい症状に見舞われず脳症になるリスクも回避することができます。検査タイミングを高熱が出てから行っても症状を緩和させたりすることは難しくなります。検査タイミングが早く、その時点でタミフルなどを服用すれば熱もまったく出ないこともあります。タミフルは潜伏期間の48時間以内に飲むのもポイントと言えるでしょう。タミフルはインフルエンザを治療するのに大変有効な薬と言われています。それは肺でのウイルスの増殖を食い止めることができるからです。しかし十代の青少年が服用すると稀に副作用が確認されることがあります。幻覚を見たり、奇行を起こすなどが見られ、事故などの命を落とすことににもつながります。そのためタミフルで治療する場合は必ず親が付きっきりで監視して服用することが大事です。こうした副作用が懸念される場合は吸入薬のリレンザを用いるのも良いでしょう。