タミフルの徹底調査隊

高熱伴うインフルエンザのタミフル有効性と注意喚起

インフルエンザは、固有のウイルスに感染する感染症です。この感染症の症状としては、高熱や頭痛などが特徴的で、その他にも、全身の筋肉が痛み、各部の関節に炎症を伴うケースなどが見られます。特に、注意喚起されているのが高齢者や持病のある方で、症状が重篤化して高熱が継続し、肺炎などを起こす可能性が高い事から、早期に医療機関を受診して適切な治療受ける事が不可欠です。
タミフルは非常に知名度の高い薬品です。しかし、副作用などが原因で、吐き気や頭痛などを伴う事があり、場合によっては行動などにも変化をもたらすケースが見られたので、注意喚起が起きていました。現在では、インフルエンザウイルスの増殖を上手く抑えることができる新たな医薬品が開発されていますが、タミフルはその有効性が高い事から、インフルエンザの治療薬として現在でも処方されています。
タミフルは一般的なウイルスに適応する薬品で、幾つかの新型として認識されているインフルエンザウイルスにも優れたがおきているしょう効果を発揮します。そのため、検査によりウイルスへの感染が明らかになり、高熱などの症状がある場合には、多くの患者様に処方されている薬です。
タミフルの注意喚起の例としては、小さなお子様に処方されるケースが見られます。これは過去にお子様に副作用が出たケースが多く見られたためで、現在では小さな子供のインフルエンザの感染では、飲みやすいシロップタイプや吸入タイプの医薬品が用いられる事が多くなりました。しかし、タミフルは複数のインフルエンザウイルスのタイプに対応可能であり、症状改善の効果が大きく期待出来ることから、成人の患者様のケースでは依然広く処方されているのが現状です。