未払いの残業代請求は弁護士に相談すべき

未払いの残業代請求は弁護士に相談すべきです。

というのは、会社に請求してすんなりと受理されれば当然それが一番いいのですが、それが承認されない場合はなかなか話はまとまりません。

何度残業代請求をしてもうやむやにされて何も話が前に進まないというような事はよくある事です。基本的に会社というのは労働者に安く働いてもらうというのが基本です。

労働者にお金を稼いでもらう為に会社があるわけではなく、経営陣が収入を得る為に会社を運営しているわけですから、残業代のようなものは出さないで済むのであれば、これにこしたことはありません。

そして、一度残業代請求を出して却下すれば後はそれを認めてしまうと、他の人からの請求も認める必要が出てくるので、そうした前例を作る事は基本的にはしないと考えるべきでしょう。となれば弁護士の力を借りるしかありません。

弁護士に相談すると会社側も事を大きくしたくないので、かなり折れてくる可能性が高まります。

弁護士が相手になると、今度は理屈ではなく事実で対抗する必要があるので、会社側としても腹をくくるしか無くなるわけです。

従業員が相手であれば、事実が無くても屁理屈で押し通すことが出来ます。

何しろ雇っている側と雇われている側とでは立場が大きく違いますから、自分の力で何とでもなる事がいろいろとあるのです。ですが、弁護士は経営陣の力の及ぶ外にいますから、これに対してできる事はなく、事実のみで争うしかなくなるので、折れるしかないのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *