残業代請求を弁護士に依頼するメリットとは

働き方改革が議論されていく中で、長時間労働の是正が企業における最大の課題となっていますが、その根底にはサービス残業を当然としてきた日本の企業体質があります。

自分の仕事は、例え残業代が支払われなくとも何時間かかっても自分一人でやり遂げることは、ある意味では社会人としての美学でもありましたが、その一方でメンタル疾患や長時間労働にかかる健康被害など大きな問題を発生させてきました。

そこで、最近では弁護士に残業代請求を依頼する人が増えています。

これまで多くの労働者は、サービス残業に対する残業代請求を諦めていましたが、ここ数年、弁護士が全面的にバックアップすることで正当な対価が支払われるようになったことがその大きな理由ですが、何より企業側がサービス残業に対して真摯な対応を始めたことも見逃せません。ただし、普段は弁護士と接する機会が少ないため、躊躇する人も少なくありません。

そこで、残業代請求を依頼する際に利用したいのが無料相談窓口です。

ここでは、残業代請求に詳しい弁護士が、請求までの対応方法や費用面について丁寧にレクチャーしてくれますし、実際に依頼するか否かは相談後でも構いません。労働者の労働時間に対しては正当な対価が支払われることが前提であり、それが崩れてしまうと働き方改革も前に進みません。会社に対して疑義がある場合には遠慮することなく勇気を持って対応することがとても大切ですし、弁護士は強い味方になってくれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *