未払いの残業代を手にする方法

残業代がちゃんと支払われず、会社にちゃんと請求したいと思っている人は多いのではないでしょうか。

残業代の未払い問題は、会社が従業員に対して行う賃金支払いの義務を怠る行為で、民事上、の責任が生じるのはもちろん、
悪質な場合は刑事上の責任も生じる行為で、年々増加傾向にあるこの残業代の未払い問題は深刻な社会問題になっています。

今回はそんな未払いになっている残業代を企業に支払わせる為の手順を紹介します。

未払いの残業代を請求する為に一番必要なことは証拠の収集です。その証拠を集めるために注意しなくてはならない点は隠されないように慎重にする事、自分の手元にコピーがある事です。

証拠が無ければ請求に勝ち目はありません。証拠として有効なものは、雇用された時の書類(雇用契約書や労働契約書等)、労働時間、時間外労働の有無、休日等の内容が書かれた就業規則のコピーが必要になります。

また、始業、終業時刻を立証する為の資料としてタイムカード、勤怠記録、日報等が必要です。

その他にも会社のアカウントでのメールの送受信の履歴やタクシーの領収書等も有効です。また、勝手に残っていただけではと、反論されないように残業時間中の労働内容を立証する資料として、残業指示書や承諾書、業務内容が分かる書面を用意しておきます。上記の様な証拠を揃え、会社に直接交渉、労働基準局に申告、裁判所に訴えを起こす等の方法があります。

また、未払い請求の時効は2年ですので先延ばしにするのは良くなく早めの対応を取る事が重要です。弁護士の残業代請求を考えてみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *