残業代が未払いになっていないか確認してみましょう

会社に勤務している方の中には、所定労働時間以外に働いた残業代が未払いとなっているケースがありますから、一度支給された給与明細を調べてみたり、知っておきたいポイントをみていきましょう。

会社で定められた労働時間を超えて働いた時間があったり、労働基準法で定められている原則1日8時間以上や1週間で40時間以上の労働を行った場合、時間帯が午後10時~午前5時までといった深夜にあたる時間に労働した時や休日に働いたなどのいずれかに該当しますと、残業代が発生することになり未払いになっていることがありますので、見直しておきたいものです。

そこで実際に、上記のどれかにあてはまって所定の賃金に割り増しされていなかったことが見つかったなら、未払いとなる残業代を請求することが可能ですので、まずはその内容を勤務先の会社に話してみましょう。

そこで注意しなければならない点が、請求するのに時効があるということです。労働基準法では、賃金請求権の時効消滅は2年となっていますので、この間のものであればさかのぼって残業代の未払い分を請求することが可能となっています。

請求の仕方には、自身で直接会社に話し交渉をする方法や、労働基準監督署に必要となる書類を持ち出向いて申告する仕方などがあげられますが、弁護士といった専門家に相談して未払いとなっている残業代を請求することもできますから、自身が良いと思う方法で行動されてはいかがでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *