未払い残業代を請求するには

多くの企業では、経営環境の目まぐるしい変化に対応するためにも、必要経費の削減を目指しています。

中でも、人件費は企業にとって必要経費の中でも占める割合の大きなものとなっています。

まともな企業であれば、従業員の仕事の割り当てを考え、残業代が必要最小限になるよう努めますが、一部の悪質な企業では残業代を払わずに済ませようとすることがあります。自分の働いている企業が悪質であり、もらえるはずだった残業代がもらえていなかったとわかったら、未払い残業代を請求するための行動をとりましょう。

まずは、実際にもらえていた残業代と、もらえるはずだった残業代のかい離を証明する必要があります。

タイムカードは勤務時間の客観的な証明となりますが、悪質な企業の場合、タイムカードを押させてから残業をさせるケースもあります。そうした場合だと、タイムカードだけでは未払い残業代を請求する根拠になりません。

毎日日記をつけたり、出勤時や退勤時に写真をとるなど、形に残る記録を残し、それを積みかねていくことが大切です。記録はあっても期間が短いと、証拠としての有用性は低くなります。証拠が積み重なってきたら、未払い残業代を請求する具体的な手続きに入ります。

一個人で訴えた場合、企業側に黙殺されてしまう危険性も高いので、同じ状況にある同僚と協力して訴えを起こすのが望ましいです。また、個人だけで組織と闘う限界もあるので、弁護士等専門家の知識や手を借りるのが安全でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *