未払い残業代はどうやって請求するの?

未払い残業代を請求するには、必ずしも弁護士に依頼をする必要はありません。

きちんとした証拠があるのなら、個人で請求をしても応じてもらえる可能性があります。

会社が応じてくれない場合には、労働基準監督所に相談をしましょう。労基署は企業にとっての警察のようなものです。公的機関なので料金はかかりません。しかし、労基署は明確な法律違反がなければ動いてくれません。証拠がない場合などには弁護士に相談をする必要があるでしょう。経営者という立場についている人は未払い残業代を請求できません。そのことを利用して、建前だけ経営者という立場につかせて残業代を支払わない企業もあるようです。

例えば、実際にはスタッフと同じことをやらせているのに、建前上「店長」という立場につかせて、時間外労働をさせているケースです。経営者の人などでも実質的にはスタッフと変わらない仕事をしていたのであれば未払い残業代を請求できます。

タイムカードなどが証拠となりますが、タイムカードがなくても未払い残業代の請求はできます。素人ではどのようなものが裁判で使える証拠となるのかわかりません。

なるべく早い段階で弁護士に相談をして、アドバイスを受けておきましょう。争いがある場合には裁判にまで発展する可能性があります。弁護士とは長い付き合いになる可能性があるので、しっかりと信頼できる人を選んでおきましょう。

実力があるということはもちろん、人間的な相性も重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *