未払い残業代には弁護士が有効な理由

少しずつ改善の兆しを見せているとはいえ、国内の労働環境は厳しい状況が続いています。

世間の厳しい目が向けられているにもかかわらず残業に対する問題が頻発しているのもその表れです。

長時間労働を無闇に強いられたり、未だにサービスと称して無償で働かせようとする企業も後を絶ちません。

これはれっきとした違法行為ですから未払い残業代を弁護士と共に取り戻す必要があります。たとえ会社側に非があろうとも、社員が個人で立ち向かうのは中々大変です。日本では雇用者の方が強いという現実があるため泣き寝入りしやすい土壌ができあがっています。

また抗議しただけでは頭を下げられて終わりということにもなりかねません。本来受け取るべきだった報酬が存在することを、客観的に証明する必要があります。そのためには証拠集めが不可欠ですが知識のない素人には見当もつかない作業でしょう。未払い残業代に強い弁護士ならば、確かなアドバイスで依頼者を導いてくれます。個人に対しては威圧的な企業であっても法律の前には手も足も出ません。強硬に抵抗したとしても、裁判となれば正当な権利を有する方が勝利するものです。

数ある法律は労働者にも雇用者にも平等に適応されます。未払い残業代を弁護士と共に勝ち取るべき大きな理由は、日本が法治国家であることに他なりません。ほとんどは訴訟になる前に和解に応じてくれますからスピード解決も可能です。

まずは積極的に法律相談などを利用していきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *