未払い残業代請求は弁護士に相談できる

世の中には様々な働き方があり、それらに対して給与の支払いの仕方も種類があります。

使用者は労働者に対して就労時間や内容に見合った給与を支払う義務があり、労働者は雇用形態をしっかりと理解して働く事が重要となります。

しかし、就労時間に対して打倒とも言える給与が支払われない未払い残業代が発生する事例もあり、双方のトラブルが生じる事も珍しい事ではありません。

未払い残業代を請求するには、何通りかの方法が存在しますが良く耳にする労働基準監督署に相談する方もいます。全国に300ヶ所以上設置されている組織で労働条件の確保や改善、さらに労働保険の給付を行う組織です。

会社が労働関連の法規違反していれば状態の解消する様に是正勧告を行ってくれます。

ただし、労働官の仕事は残業状態の解消などの改善を正してくれるだけで未払い残業代請求をしてくれる訳ではありません。

どうしても請求したいのであれば、個人的に動くか弁護士に相談する方法もあります。

個人の権利を尊重して強い味方となってくれるのが弁護士で、契約時の書類やタイムカード及び日報をはじめとする資料を持って相談すれば、法的な見解から会社側との交渉に応じてくれます。

ここで覚悟が必要な事として、効力が強力ですがその分お金も掛かるので予め理解が必要となります。さらに、会社に残業代を請求するとなるとその後の社内での立場も悪化する可能性があるので、注意して下さい。弁護士には相談だけでも可能なので、個人で行うにはどの様な手順が最善か聞く事もできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *