残業代請求されないように対策する

近年は未払いの残業代請求が行われる、雇用者と従業員との間のトラブルが増えています。

様々な要因がありますが、インターネットで法令で定められた給料制度の詳細を容易に調べることができ、解釈の仕方も過去の訴訟の判例を挙げて専門家である弁護士が解説しているので、給料に不満のある従業員が制度の適用に疑問を持ったときに、間違いがあると気付きやすくなっていることに注意が必要です。

未払いの残業代請求を避けるための対策は、雇用者側が制度を理解してから導入するのが適切です。給料にあらかじめ残業代を含めたり、みなし労働時間を決めて実働時間を使わずに算出が認められている制度がありますが、これらは条件を満たしていないと有効になりません。

いくら雇用契約で従業員からも同意を得られていると主張しても、それが法令に違反していれば無効です。実際に法令を確認しても表現が抽象的で自社の業務に対して適用できるのか判断が難しいものもあります。このような場合、他社の経営者が適用できると言っていたので問題ない、と判断してしまうとそれが誤っていて残業代請求されてしまうことがあります。

法令とは関係ない人の証言は正当性が全くないので、不明点がある場合は労働基準監督署に問い合わせて確認しましょう。様々な給料制度がありますが、時間意識を持たせて業務を効率化する、管理が困難である、資金計画を立てやすくするなどの理由で利用するものであり、雇用者に都合良く人件費を削減するためのものではないので、正しく扱う必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *