残業代請求の注意点とは~時効もある

残業代はどのような雇用形態であれ、必ず支払われなければいけないものです。

ただし日本では古くからいわゆるサービス残業と呼ばれるような、賃金が発生しない残業が横行しています。そのため残業代請求には積極的になれないと言う方も多いかもしれません。しかし残業代は行った残業に対する対価であり、それを受け取るのは働いた人の権利ですから、やはり支払われていない場合は残業代請求を行うのがベストです。

ただし残業代請求に関しては注意点もあります。まずは時効があると言う点です。これは請求できるのは、その残業代が発生してから2年までと定められていると言うことです。そのためもし2年を超えてしまった場合には、基本的にはその分の残業代は支給されなくなるので要注意です。

サービス残業に慣れきっていると、その間にもどんどんと時間は経過してしまい、その分、支給されない残業代は多くなっていってしまいます。ですから残業代が支払われていないと言う時点で、早めに請求を行うのが望ましいです。それからもうひとつは、証拠があると有利であると言う点です。

どれくらい残業をしたのか、どのような残業を行っていたのかと言うのは、残業を行っていた本人はよく理解していてもそれ以外の人は知らないこと、理解できていないことも多いです。そして残業代請求においては、このことを客観的に第三者に証明することが必要になることも多くあります。そのためそれを証明できる、たとえばタイムカード、残業でこなした仕事のデータなどを手元にとっておくと、とても有利に残業代請求を進めることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *