残業代請求では証拠が重要

未払いとなっている時間外給料すなわち残業代は、いつ何時間の残業を行ったのかの特定が重要です。

またその時間外勤務に対する手当の支給がいくらだったのかと照らし合わせる形となります。したがってこうした証拠を確実に確認をした上で残業代請求という流れに繋がっていくわけです。証拠がしっかりと残っている場合にはその記録などを基準にして請求を行っていきます。ただしその請求を行う人の立場によって対応が変わることが多いです。

たとえば会社に残留をしている場合には残業代請求を行うことで居心地が悪くなることはあり得ます。無言の圧力あるいは口頭での可能性もありますが退職を迫られたりする可能性も高まります。そこまでして職場に残り続けるのかという思いも芽生えるわけです。一方その残業代請求を退職後に行うケースもよくあり、この場合には退職してすでに別の企業等で働いていることも多いです。

弁護士に依頼をするなどして受給できるはずだった残業代を受け取れるように請求をすることはよくあります。無論元雇用主側は内容によっては請求を拒否することもありますから、訴訟にて白黒つける流れになっていくことも出てきます。このように立場によって変わる残業代請求ですが、いずれにしても残業を何時間いつ行ったのかの証拠が決め手です。その証拠をしっかりと押さえた上で請求を行うようになります。場合によってはその証拠となるものが分からないこともありますので、弁護士などに事前に相談をしてアドバイスを受けることも大事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *