残業代請求は弁護士に依頼する

残業代請求は必ずしも専門家に依頼しないといけない訳ではありませんが、労働審判や通常裁判で請求する場合は素人だけでは難しくなります。

使用者に直接請求する場合は本人だけで行う事もありますが、残業代が未払いになっている時点で使用者側は労働者に催促されたくらいでは応じない事が多いです。また粘り強く交渉しても当人同士では話がまとまらない事も多いので、直接請求する場合でも弁護士に代理人として対応してもらった方が効率が良いです。司法書士に代理人として対応してもらう事もできますが、司法書士の場合は140万円までの案件でしか代理権がないので、それ以上の金額を扱う案件は弁護士に任せるしかありません。

途中で司法書士で対応できなくなる可能性があるならば最初から弁護士に依頼した方が良いです。残業代請求をする時は時間外労働があった事を証明できる物がなければ請求を行う事ができません。これらの証拠が少しでも多く残っている方が請求する上で有利に働くので、専門家に任せるから良いという考え方はせずに集められる証拠はできるだけ集めて保存しておくと良いです。残業代請求を弁護士に依頼する時に費用が気になる場合は実際に代理業務をしてもらう前の段階で相談しておくと良いです。それぞれ費用は少しずつ変わってくるので、比較して最も良いと思った弁護士に任せるべきです。インターネット上でも探す事ができるので、時間がない人でも残業代請求に強い法律事務所を探す事ができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *