残業代請求は経験豊富な弁護士に依頼

残業代請求は労働者本人だけで行う事も可能ですが、法的な手続きが必要な方法で請求する場合は素人だけでは難しいです。

会社側に直接請求をする場合でも未払いになっている時点で労働者本人だけで請求に行っても話が折り合わない可能性が高いです。少しでも円滑に交渉を進める為には弁護士に代理人としてサポートしてもらうと良いです。特に通常裁判で請求する場合は素人だけで訴えを起こして裁判を進めるのは非常に困難だと言えるので、専門家の手を借りるべきです。弁護士に依頼して全て任せるという方法もありますが、少しでも残業代請求を円滑に行う為に専門家に実際に動いてもらう前の段階から残業があった事を証明する証拠を集めるようにするべきです。残業代の請求には時効があるので、少しでも早く請求できた方が請求できる額が増えます。

また請求を起こす段階になって証拠集めをすると重要な証拠を会社側に隠されてしまう可能性があるので、早いうちから自らの手で証拠を保存しておくと良いです。残業代請求の際に弁護士に依頼する時はできる限り残業代請求に詳しくて経験のある人に依頼すると良いです。残業代の問題も専門に扱っている弁護士もいるので、依頼する内容に特化した専門家を探すと効率が良いです。インターネット上でも情報は集められますし、ある程度規模の大きい法律事務所に相談すれば残業代請求の案件を多く取り扱ってきた経験豊富な弁護士を紹介してもらいやすいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *