残業代請求は弁護士と一緒に進める

国が鳴り物入りで推進している働き方改革ですが、政争の道具にされており、なかなか現実的な法整備が勧められていません。

日本人は随分と昔から働きすぎだと言われています。それにも関わらず昨今は過労死ラインを軽々と上回る労働時間が、世間の平均値となります。本来であれば違法であるにも関わらず、過労死ライン程、毎月労働をしなければいけない現状があり、特に立場が組織内で弱い若者はシビアな環境で働かされています。残業代が未払いになっている、という実情も深刻と言えます。

労働環境の悪化もさることながら自分がプライベートな時間とメンタルを削り、頑張って徹夜で働いたにも関わらず、なぜか会社のデータ上は「残業していない事」になってしたり、上司から圧力を受けて残業代請求が実質的に封じられるなど、経済的に苦しい現状があります組織内で弱い立場に置かれる女性や若者はなかなか強く残業代請求は出来ません。また仮に毅然とした態度で残業代請求をしても、それが引き金で組織内の立場や待遇が悪くなってしまったら本末転倒となります。社員個人が直談判しても逆効果ですので、困っている方は弁護士に相談しましょう。

労働問題の解決につよい弁護士事務所に行くのがポイントです。同じ弁護士でも精通している分野は違っています。弁護士のアシストがあれば、残業代請求の訴えはスムーズに通る事が多く、転職や退職を考えている方も、自分が過去に苦痛を強いられた残業の対価については正当に請求しておきたいところです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *