残業代請求時に気をつける事

本来支払われるはずの残業代が支払われていない場合は労働者は使用者に対して請求する事ができます。

残業代を請求する時は第三者にも認めてもらえる証拠を集めておかないといけません。残業があった事を証明できなければ例え本当に残業が発生していて手当が支払われていなくても請求する事が難しいです。残業代請求をする時に証拠として認められやすいのは自分で書き残したメモのような物よりもタイムカードのコピーや業務用のメールの送受信記録などです。これらの記録をわかりやすいようにまとめて主張している時間数の残業時間が実際にあった事を証明しないといけません。未払いの残業代は何時まででも遡って請求できるわけではなく、2年間までしか遡って請求できません。

その為請求できるはずの未払い残業代を時効によって消滅させないように事前に準備をして素早く残業代請求に移れるようにしておくべきです。タイムカードの記録やメールの送受信記録などは事前にコピーやバックアップをとっておかないと請求後に相手に提出を求めても不利になる証拠なので、破棄される可能性があるので注意するべきです。残業代請求をする時の相手の反論として管理監督者であるからや指示していない残業であったという主張をする事があります。このような反論をさせない為にも管理監督者にあたる要件を満たしていない事を証明したり、勝手な判断で残業をしたわけでない事を証明する証拠も用意しておくべきです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *