残業代請求を弁護士に相談しながら進める

サービス残業を強いられてきた人は、残業代請求をすることで過去に遡って貰うべき賃金を受け取ることができることがあります。

残業代請求の権利は発生後2年間で消滅時効にかかってしまうので、手続きは早期に行うことが非常に重要となります。本人が直接会社に対して請求をすることも不可能ではありませんが、企業サイドも労働に関しての法律に詳しいことが多いので、個人が請求をするよりも法律の専門家である弁護士が間に入ったほうがスムーズに話が進むことが多いでしょう。残業代請求について相談する弁護士事務所を探す際には、過去に同じような労働問題を扱ったことがある事務所に依頼したほうが、請求を上手くしてもらうことが期待できます。

会社を退職してから残業代請求をすることを検討している場合には、請求の際に証拠となる資料を用意しておくためにも、退職前に弁護士に相談しながらどのような資料が請求時に有効となるかアドバイスをもらっておいた方が良いでしょう。依頼先の弁護士事務所に相談する際には、自分との相性も重要となるので、相談して信頼できそうな専門家かどうかを見極めると良いでしょう。

残業債請求が上手くいけば、過去2年間分の不払い賃金を受け取ることができますが、あまり受け取ることができる金額が少ないと、弁護士への報酬額の方が上回ってしまう可能性があるので注意が必要となります。弁護士依頼前にはどの程度の報酬支払が発生するかをしっかりと確認しておくべきでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *