残業代請求なら弁護士に頼む

労働環境が改善されつつある現代では、残業代をきちんと支払う企業がほとんどとなっていますが、未だに支払いを拒む企業があるのも事実です。

毎月残業続きの月があるのにも関わらず、適切な残業代が支払われていない場合には、まずは最初に残業した証拠を会社側に提出して、ミスがないかをチェックしてもらいましょう。殆どの企業がこの段階で支払ってくれますが、一部の企業ではここで揉めることも少なくありません。万が一揉めてしまった場合には、残業代請求を弁護士に任せるようにしましょう。

専門分野は特に関係なく、どの弁護士でも残業代請求は行うことができます。法曹の専門家が出す命令はかなり強制力があるので、ほとんどの経営者が命令されれば賃金を支払ってくれます。労働者の当たり前の権利を行使するだけなので、残業代が毎月適切ではないと気がついた段階で請求するように心がけましょう。今現在在籍している企業に対しての請求はもちろんのこと、在籍していない退職済みの企業に対しても弁護士に依頼して残業代請求をすれば、確実に取り戻すことが可能です。

泣き寝入りしてしまう労働者は多いですが、確実な証拠があり日記や勤務した証拠がある場合には、会社側も支払いを拒むことはできませんので、残業代のトラブルが発生した時には、残業代請求を必ず弁護士に任せるようにしましょう。弁護士ならばどんな残業代でも確実に請求を進めてくれるので、安心して返還請求が行えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *