確実に残業代請求をするなら弁護士が最適

確実な残業代請求を考える時には、弁護士に依頼して請求することが一番です。

法律の専門家であり様々な知識を持っている弁護士は、会社に対しての残業代請求はどんな人でも行うことができるので、法律事務所に詳細を話して相談することで自分が働いた分の賃金を請求することが可能です。法的な手続であり、裁判所の命令にて賃金を払ってもらうことになるので、会社側はこれを拒否することが出来ません。全ての労働者の味方ですから、残業代が全然支払われなくて困っている方や、割増賃金が支払われなくて悩んでいるなら、一刻も早く会社側に残業代請求をしなければなりませんので、弁護士に相談をして気になっていることを話すことにしましょう。

残業時間の算出方法は毎日の所定労働時間を超過した分の賃金となりますので、賃金の請求を確実にするためにもシフトはどうだったかをまず思い出すようにしましょう。今現在在職中の企業に払ってもらう場合には、タイムカードの記録などを照会したうえでの裁判となるので、証拠はなるべく多くのものを法律事務所に持って行くのが一番です。会社は法律事務所を介しての裁判となってくると、世間に会社の悪評が知れ渡ってしまうことを恥ずかしく思うので、必ず支払ってもらえます。企業の義務でもある賃金の支払を拒まれて困っている場合には、残業代請求ができる弁護士に任せることにしましょう。弁護士ならば初回相談無料で着手金も取られずに依頼できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *