残業代請求の時は弁護士に依頼する

残業代請求は必ずしも専門家に相談して代理人として活動してもらう必要はありません。

しかし使用者との交渉や裁判などを素人が一人で行うのは難しい事です。効率的に未払い残業代の請求を行う為には弁護士に相談して代理人として資料の作成や法的な手続きをサポートしてもらった方が良いです。残業代請求時に相談する相手は弁護士でなく司法書士でも問題ありません。

しかし司法書士では140万円を超える案件を扱う事ができないので、特に高額な請求になる可能性が高い場合には最初から弁護士に相談するべきです。弁護士費用には着手金や成功報酬など様々な項目がありますが、料金の設定はそれぞれ違います。平均的な相場としては20万円から40万円に加えて請求した未払い残業代の2割ほどです。依頼をする時は特定の法律事務所だけに相談して正式に依頼するのではなく、複数の法律事務所に相談して料金等を比較して依頼する相手を決めると良いです。相談する時は相談するだけで料金がかかる法律事務所ではなく、無料相談ができる法律事務所を利用すると良いです。残業代請求には時効が存在していて、2年まで遡って請求する事ができます。

時間が経過すればするほど請求できる金額が減ってしまうので、もし残業代請求を弁護士に依頼して行うつもりである場合は退職をする前に探しておくべきです。退職後に依頼する相手を探し始めていると請求できる金額が大きく減る可能性があるからです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *